読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKYOからOKINAWAに移住したHOMME

20代後半で思い立ったように東京から沖縄に移住したヤローの徒然+プログラム関連作業用メモ

作業用メモ:div要素や画像を真ん中寄せにする3つのテクニックと使い分け

作業用メモ

 

要素を真ん中に寄せるには大きく分けて3つの方法があります。

  • marginを使う
  • positionを使う
  • text-alignを使う

text-align:center;で真ん中寄せ

001
002
003
<div id="box">
    <div></div>
</div>
001
002
003
004
005
006
007
008
#box{
    width:100%;
    text-align:center;
}
 
#box div{
    width:200px;
}

親要素にtext-align:center;をかけて中のdivを真ん中寄せすることができます。

親要素と子要素には幅を指定しなければなりません。

尚、spanやaなどのインライン要素を真ん中にする場合はブロック要素にしましょう。次のような場合です。

001
002
003
<div>
    <span></span>
</div>
001
002
003
004
005
006
007
008
div{
    width:100%;
    text-align:center;
}
span{
    display:block;
    width:200px;
}

margin:auto;で真ん中寄せ

001
002
003
004
div{
    width:500px;
    margin:0 auto 0 auto;
}

 これは最も簡単でよく使うかもしれません。

左右のmarginをautoとしてやることで自身のサイズに合わせて自動的に良い所(真ん中)に配置してくれるという優れもの!

これならtext-alignと違ってdiv要素自体を真ん中に寄せることが出来ますね。

注意点としてはサイズが決まったブロック要素でないと真ん中には配置されません。

width(幅)を持たせている所がポイントです。自身のサイズに合わせて左右のバランスをとるわけですから自分のサイズが無ければ無理ですよね。

画像を真ん中に寄せる

HTML

001
<img src="" class="sample_img">

CSS

001
002
003
004
.sample_img{
display: block;
margin: auto;
}

画像を真ん中にする場合はdisplay: block;でブロック要素にしてからmargin: auto;としてやる必要があります。

positionとmarginで真ん中寄せ

これは少し高度なCSSですが、習得してしまえばかなり便利です。

001
002
003
<div id="box">
    <div></div>
</div>
001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
#box{
    position:relative;
}
#box div{
    width:100px;
    position:absolute;
    top:0px;
    left:50%;
    margin-left:-50px;
}

 ポイント

  • 親要素にposition:relative;
  • 子要素のwidthでサイズが決まっていること
  • 子要素にposition:absolute;
  • leftから50%離れていること
  • margin-leftが -(マイナス)

position:absolute;で真ん中寄せする場合は必ずleftから50%離してください。

そしてmargin-leftで真ん中にする要素のサイズの半分だけ-(マイナス)してください。

例) widthが300なら margin-leftは-150 !

まとめ

いかがでしたか?

どうも真ん中寄せが上手くいかないなぁ…と言うときは下記の項目を疑ってみてください。

  • サイズを指定しているかどうか
  • インライン要素であるかブロック要素であるか

text-alignとmargin:auto;は良く使うテクニックですので必ず覚えておきましょう!

概念は使っているうちに覚えてくるはずです。