読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKYOからOKINAWAに移住したHOMME

20代後半で思い立ったように東京から沖縄に移住したヤローの徒然+プログラム関連作業用メモ

作業用メモ:WordPress wo_footerから不要な要素を削除する

作業用メモ

ここではプラグイン・ YARPPの表示設定で「サムネイル」にした場合に読み込まれる「styles_thumbnails.css.php」の削除を例に作業します。

デフォルトで読み込まれるCSSは削除できる

CSSで自由に関連記事の表示をデザインしたいのに、デフォルトで読み込まれるCSSのスタイルとぶつかってしまう・・・

結果的にうまくデザインできずにカスタマイズの難易度が上がってしまう、ということもあると思います。

そこで、デフォルトのCSSを読み込まないように設定する方法があります。

YARPPで用意されているデフォルトのCSSファイルを読み込まない

以下の記述をご使用中のテーマフォルダ内にある「functions.php」ファイル内の最後尾などに追記します。

//ヘッダー・フッターで読み込まれるCSSを削除
add_action('wp_print_styles','dequeue_yarpp_styles'); //ヘッダー
add_action('wp_footer','dequeue_yarpp_styles'); //フッター
function dequeue_yarpp_styles(){
 wp_dequeue_style('yarppRelatedCss');
 wp_dequeue_style('yarpp-thumbnails-yarpp-thumbnail'); //表示設定を「サムネイル」にしている場合はこっちも書く
}

コードがやっていること

アクションフック「wp_print_styles」でヘッダーで読み込まれるCSS、「wp_footer」でフッターで読み込まれるCSSを「wp_dequeue_style」を使って読み込まないようにしています。

ヘッダー・フッターでそれぞれフックを使っている理由は、どちらか片方だけ読み込まない設定をしても、もう片方で読み込まれてしまうからです。

例えば・・・

  • ヘッダーだけ読み込まない→フッターで読み込まれる
  • フッターで読み込まない→ヘッダーで読み込まれる

という感じです。

もしCSSを読み込む必要がない場合はご参考ください。